公開勉強会

  • 【6/20終了】下期「講師チラシ」発送作業会 

    下期のチラシ発送作業会が6/20終了しました。
    今回は2,000部セットし、日ごろ講座を依頼いただいている団体様へ発送されます。

    今回は9/14開催の「第5回パワフルカフェ」のチラシも入っています。
    自分たちでも、前回よりもグレードアップしたねーとの自信のある声も。
    ぜひ、たくさんの方がお手にとり、ご利用いただきたいです。

    会員講師からもお渡しできますし、WEBサイトにて、「共通チラシセット希望」
    とお知らせいただければ、発送します。

    数に限りがありますので、お早目にどうぞお問い合わせください。

  • 【参加者感想公開】5月公開勉強会 『PRプランナーの仕事術』


    ◎宣伝物には感情を表現するのも良い。具体的な項目分け(5W2H)をきちっと文章にして行動に移す。その上で使える物は全て使う(チラシ、インターネット、足)など。
    ◎耳が痛い事ばかりでしたが、具体的にやるべき事を教えてもらい、助かりました。
    ◎好きと思い込むことが大事!!頑張りたい事と、やっていることがズレていなか確認してみようと思いました。
    ◎勉強会に参加させていただき、今回もたくさんの気づきを与えて頂きました。改めて、公民館やセンターの方々とのお付き合い、FB、チラシ等・・なんとなくの営業だったなあと感じました。5W2Hを日々の中で使っていきたいと思います。ありがとうございました。
    ◎伝えたい側と伝えられる側の両方の気持ちになって考える。5W2Hを含めた文章を練習していく。
    ◎営業の仕事は、好きと思い込んでいるうちに好きになる。PRプランナーの仕事から参考にする。世代に合わせた宣伝方法をする。自分に多い世代は・・?行動力をあげる為に期限を決める。
    ◎5W2Hを常に考え、アンテナを張る。何度も何度も繰り返す。決めることの大切さを改めて確認しました。
    ◎当たり前の営業とか広報とかは、SNSにもよくありますが改めて、大切なポイントを知ることができたので良かったです。また、同時に感じた事として、「その人(方)」が一番大事だと感じました。中川さんから学びたい、聞きたいと思わせる事というか、思えた時に、自分も普段から講座をイメージした自分で居る事と松田さんの講座を聞きたい、参加してみたいと思われる営業をしてみたい。やらなきゃダメと思いました。
    ◎「報連相」when,where,who・・“行動力”ですね。営業に行くにもコツがあるのですね。
    ◎営業の電話は金曜の14:00頃にするようにします。先延ばしをすると、ダメ人間だと思ってしまう。決めることは大事ですね。片付けも場所か時間を決めることから始めます。
    ◎営業、PRまで、まだ気がまわっていなかったのでとても勉強になりました。1分間自己紹介、自分のPRポイントが全然まとまっていないんだなーと改めて実感しました。(いつも人形や手遊びに頼ってました。言葉を伝える。頑張ります)
    ◎毎回思うことですが、パワフルウーマンの世話人の先生方の愛情を感じます。ご自身の経験をおしみなく教えてくださるのが、とても感動しますし、感謝と共に、5W2Hの「報連相」もろくにできない自分を反省しました。仕事にはもちろん、人生においてとても大切なものを教えてくださる勉強会だと思います。伝えたいコトを伝えるコトを伝えたい側と伝えられる側の両方の気持ちになって考え、まず書き出してみたいと思います。本日もありがとうございました。
    ◎毎回思うのですが、500円で教えていただけるなんてすごい!本当に勉強になります。
    ◎まず、ブログの更新をもっと頑張ろうと思いました。5W2Hを意識して、生徒さんの感想も入れながら記事を書いてみようと思います。公民館へ営業に行くときは、ターゲット層に合わせた講座内容のご提案をできるように、内容をもう少し考えてみようと思います。

    【その他】
    ◎意見交換の時間を増やしてほしい。
    ◎たかのさんの模擬講座、新しい知識をたくさん頂きました。ありがとうございます。

  • 【参加者感想公開】4月公開勉強会『チラシ作成 わかりやすい構成とテクニック』


    ◎うまくいかない事などをスグに変えるのではなく、どうしてそのようになったのか、考えることが大事。文言はとても大事。
    ◎実際にどんな風にチラシを改善するか、考えながら聞くことができました。テーブルごとの話し合いでもより具体的に落とし込めました。自分一人では出てこない発想を色々と聞けて良かったです。
    ◎チラシの編集の仕方とか、自分の今まで作ってきたチラシとは随分違っていました。今後チラシを作る時の参考にしたいと思います。
    ◎「表面は、裏も見たくなるようなものに」もっと分かりやすい表現や、フォント、大きさに変えて作ってみたいと思いました。
    ◎もう一度、自分のチラシを見直します。
    ◎ひとつのことを、突き詰めて考える。楽しそう、やってみたいと思われるチラシなのか、もう一度考えてみようと思います。
    ◎チラシのフォーマットを使ったことがなかったので使ってみます。
    ◎対象者を明確にしたい。フォントも多く使いすぎていたので見直す。パワーポイントが便利なので、今後は使っていきたい。
    ◎具体から具体に横滑りする→行動につながらない。 ランチのカツ丼、天丼のお話。次の日天丼にするのではなく、カツ丼がどうして美味しくなかったのかを考える。楽しそう!やってみたい!ような、チラシを作る。
    ◎具体的に知ることができて良かったです。次回のチラシはもっと工夫してみたいです。ありがとうございました。
    ◎チラシをまだまだ考え直さなければいけませんね。・・考えます。
    ◎自分のチラシをチェックしていただいて、大変参考になりました。
    ◎グループでチラシの内容について話し合えたのがとても参考になり、勉強になりました。他の方の意見やアドバイスを聞く機会がなかったので、次のチラシ作成に向けて改善点が明確になり良かったです。

    【その他】
    ◎内容に合わせたフォントを使う。
    ◎パワーポイントを覚えたいと思いました。
    ◎松田さんの模擬講座、勉強になりました。ありがとうございました。

  • 【参加者感想公開】3/15開催公開勉強会「チラシ、選べる講座作り」-担当者の心をつかむ講座タイトル

    ●カタイ言葉よりひらがなでやわらかい方がよい、簡潔が良い。
    ●講座のタイトルの重要性を認識した。「私にもできそう=私にもできる」わかる講座タイトルにすることが大事とわかる。パルテノン戦略を思い出し、自分の持っているスキルと組み合わせ、講座内容を見直したい。
    ●チラシタイトルのヒントをもらえました。次のチラシにいかそうと思います。字の小ささを直す。タイトル大きく。短い言葉で分かりやすく伝えるタイトル!
    ●タイトルだけで見えるチラシを再検討しようと思った。
    ●チラシを見て担当者の会話が出てくる講座タイトルにする。憧れや幸福感を感じられるような講座タイトル、15文字以内、最高でも24文字以内に。
    ●どんな人がターゲットなのか、誰のための講座なのか、公民館の定着率が良くなれば収入が安定する。チラシを見た担当者に、いかに興味を引くか。チラシを見ながら会話ができるような内容・憧れや幸福感。
    ●少ない人数ではありましたが、結果1人1人のアドバイスが濃く、とても得した半日となりました。チラシ難しいです。もっともっと考えなくてはと、反省しました。
    ●講座タイトルの作り方が分かった。
    ●第三者の具体的な意見が聞け、チラシ作りのポイントを詳しく知ることができました。
    ●講座タイトルがいかに大切か、中川先生の実例をふまえて話してくれるので、とても分かりやすいです。○○さんがやっているということは、なかなか自分自身で言いにくいかなとも感じました。
    ●チラシ作りは(も)本当にド素人なので、何から何まで勉強になりました。
    ●・ターゲットをよく見極めていくようにする ・若者、OL向けが多いので、60代~80代女性に対してどういう講座にするか再考する必要あり。 ・チラシ内にアイキャッチコピーがあった!

    【その他】
    ●女性の考えはためになる。
    ●久しぶりに参加させて頂き、とても勉強になりました。
    ●グループで話し合いの時など、良いアイディアいただけました。
    ●私にもできそう!!=私にもできる!!
    ●東先生の具体的なアドバイスがとても参考になりました。

  • 【参加感想公開】2月開催公開勉強会 「講師パフォーマンス」

    ◎男性ではありますが、これからは女性の発想が必要な時代です。男性の思考ではすでに先が見えていると思います。女性向けのお話が、とてもためになりました。

    ◎実際に活動されている先生の経験からくる事柄を伺うことができて、とてもためになりました。その後の意見交換もとてもすばらしい意見が出て、一人では考え付かない内容のディスカッションに感動致しました。

    ◎体験談からのお話が多かったので、イメージがしやすく納得しながら聞くことができました。心理学の要素も含まれた話で楽しかったです。
    和をテーマにした話し合いでは、どんどんたくさんのアイディアが生まれ、こうやって膨らませていくんだなと、大変勉強になりました!ありがとうございました。

    ◎同じテーマをエピソードで使い分ける。

    ◎世代別では中川さん同様、青少年~若い世代に苦手意識を持っていました。
    お話を聴いて、楽しんでもらわなきゃ、気に入られなければと過剰適応にならず、淡々とこなしたいと思います。

    ◎お客様の年代・ターゲットによって反応が違うことがよく分かりました。
    私自身、対象によってやりやすい層とやりにくい層がありますが、あらかじめある程度ターゲットにあわせた準備や対応が必要だと思いました。状況をよく観察する事も大事ですね。

    ◎和すぎる位、和なので、抜け出したタイトルで!

    ◎ターゲットの特徴をあらかじめ知っておいて、対応できる準備を前もってやっておくことが大事だとよく分かりました。中川さんの観察眼に感服です。

    ◎こちらから話しかけるべきだと思っていたが、そうとは限らないことが勉強になりました。

    ◎「幼稚園児などは一度気をそらすといい」参考になりました。中学生はネガティブワード、やってみます。高齢者向けの講座は、私も行う機会があるので、中川さんの工夫が参考になりました。ハンガリーウォーターの話、面白かったです。女性受講生と男性受講生の興味を持つ話の違いも、自分も生かしたいです。


    ・受講生とのコミュニケーションの大切さを痛感した!!
    ・その場に合わせた服装や言葉づかいが重要!!
    ・ローズマリーは物忘れに良い。本日も中川さんのお話は楽しい。

    ◎中川先生の実体験、経験談盛りだくさんでとても参考になりました。
    最後の現場対応力の項目は、どれも我に返らされます!常に意識しなくてはならない大事なポイントだと痛感しました。

    ◎とても勉強になりました。私の場合「男性受講」がいないので、楽しかったです。ありがとうございました。

    ◎ターゲット別に対応の仕方が変わる、具体的な事例がとても勉強になりました。

    ◎ターゲット別の実践、時と場合、課の成り立ちなど、どれもこれも勉強になりました。ありがとうございました。

    ◎中川先生の実際に経験された対応の仕方がとても分かりやすく納得しました。

    【その他意見】
    ・女性の目線はすばらしい。